ジビエ

野山や作物が豊かと言う事は、つまり獣害の悩みと紙一重。

鹿・猪・猿もたくさん住んでいます。

農家さんたちは大切な作物を害獣から守るため奮闘の毎日です。

網を張ったりフェンスを立てたり、空砲で脅してみたり。

けれどもそれには限界が・・・。

害獣の駆除が重要視され、

同時に行政も害獣駆除の推進を始めています。

そこで猟師さんの登場!と相成るわけですが、

ただ、害獣といえど一つの命。

この命を何とか世に送り出せないものか?と立ち上がったのが

大原地区に住まう『猟師で不動産屋』垣内さん。

垣内さんの工房で加工されるジビエは、

安心安全は勿論のこと、実に旨い!!

きょうと,三和町,川合,移住,ジビエ

臭みもなく柔らかで、ジビエのイメージが払拭されます。

これを機会に本物のジビエを味わい、

今一度『命をいただく』ことの意味を考えてみませんか?

 

京丹波自然工房はコチラ