草刈り

啓蟄(けいちつ)とは、

『冬ごもりをしていた虫たちが、春の暖かさを感じて外へ這い出て来ること』ですが、

里山では、虫たち同様ニンゲンも活動開始です。

草花が一斉に芽吹き、川合全体が美しい緑のカーペットで覆われる春!

と言うことは・・ニンゲンVS雑草の闘い開始も意味します。

美しい川合を保つには、草刈りも大切な営みの一つ。

個人宅の敷地・農地の畦道・お宮さん・集落の公用地など。

個人の敷地は戸々の管理にお任せですが、

その他はそれぞれに分担が有ったり、

集落単位や自治会の組単位で環境整備と称して、

村人総出で一斉草刈り大作戦!なんて日も有ったりします。

ただ近年は高齢化が進んでいるので

【〇〇才以上は免除】なるお達しが出て、

若者の負担増加が否めないのも事実です。

因みに、、、60歳でも若者ですよー!

30代・40代は、、、青二才?